インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯が抜けて無くなった部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて、噛む機能を回復する治療法です。

今までは、何らかの理由で歯が抜けると、両隣の健康な歯を削ってブリッジ(橋)のような人工の歯をかぶせる方法や、取り換え式の部分入れ歯などが多く使用されてきました。

しかし、これらの方法だと、何度も作り直しをしたり、残存の歯の長期保存や安定した噛み心地などの点で、さまざまな問題点がありました。

インプラント治療であれば、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。
あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。
インプラントはしっかり噛める、見た目も自然、そして、これ以上削らなくてもいい。
インプラント治療は、失ってしまった歯を補う最良の方法と考えられます。

インプラントの特徴

  • 固定式であるためガタガタしたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。
  • 天然の歯と区別が難しいほど、自然な出来上がりです。
  • ブリッジのように他の歯を削らないので、残っている歯に負担をかけません。
  • 強固に骨と一体化するので、しっかり噛めるようになります。
  • 外したりせずに、自分の歯と同じように歯磨きできます。 家族の前でも入れ歯を外すような事はありません。
  • きちんとした手入れをすれば、長期(10年以上)の持続が可能です。

※当院ではインプラント体(フィクスチャー)は5年間の無料保証、5年以上10年未満はリスク配分型保証をしております。上部構造に関しては1年未満無料保証、2年以上5年未満はリスク配分型保証をしております。

他の治療法との違い

歯を失った時の治療法には、インプラントの他に、義歯、ブリッジが考えられます。
違いは次の通りです。

インプラント

  • 異物感がない
  • 両隣の健康な歯を削る必要がない
  • 硬いものも噛める
  • 見た目が自然
  • 噛み合わせがよく、あごの骨が痩せるのを防ぐ
  • しっかり固定され、他の歯に負担をかけない
  • 保険を利用できない

ブリッジ

  • 汚れがたまりやすい
  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 両隣の歯に負担をかける
  • 保険を利用できる(メタルの場合)

一本入れ歯

  • 違和感がある
  • 硬いものを噛みにくい
  • バネをかける歯の負担が大きい
  • あごの骨が痩せて合わなくなると作り直さなければならない
  • 毎日取り外して手入れが必要
  • 保険を利用できる

インプラントの費用・料金

インプラント(上部構造含む) 400,000円~
診断準備費・診断技術費用・シミュレーション変換依頼費 50,000円~
※歯数により異なる

※別途CT撮影費がかかります。
※設計等により料金が異なります。
※料金には別途消費税がかかります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
▲PageTop