治療費用・料金

自費診療の費用・料金


ホワイトニングの価格・料金表

オフィスホワイトニング

初回・2回目・リコール4ヶ月以上 8,000円
上顎または下顎のみ・リコール4ヶ月以内 6,000円
連続3回目・リコール3ヶ月以内 4,000円

ホームホワイトニング(ティオンオフィス)

上下顎 40,000円
片顎 26,000円
ホワイトニングジェル材 3,000円

※料金には別途消費税がかかります。


▶ホワイトニングの詳細はこちら

クラウン・被せ物・支台の価格・料金表

フルジルコニアクラウン 40,000円
ジルコニアセラミッククラウン 60,000円
e.maxクラウン 60,000円
メタルボンドクラウン(セミプレシャス) 70,000円
メタルボンドクラウン(ノンプレシャス) 50,000円
ゴールドクラウン 60,000円
ファイバーコア 6,000円
メタルコア(18K) 10,000円
メタルコア(12%Pd) 5,000円

※料金には別途消費税がかかります。


▶クラウン・被せ物の詳細はこちら

インレー・詰め物の価格・料金表

e.maxインレー 単純 30,000円
複雑 35,000円
ジルコニアインレー 単純 30,000円
複雑 35,000円
ゴールドインレー 単純 35,000円
複雑 40,000円

※料金には別途消費税がかかります。


▶インレー・詰め物の詳細はこちら

義歯・入れ歯の費用・料金

ノンクラスプデンチャー 片側 80,000円~
両側 120,000円~
両側前歯部含む 150,000円~
ノンクラスプデンチャー金属床 片側 150,000円~
両側 200,000円~
両側前歯部含む 250,000円~
金属床(コバルトクロム) 片側 200,000円~
両側 300,000円~
両側前歯部含む 350,000円~
金属床(チタン) 片側 300,000円~
両側 400,000円~
両側前歯部含む 450,000円~
BPSシステム レジン床 450,000円
金属床 500,000円

※料金には別途消費税がかかります。


義歯アタッチメントの費用・料金

磁性アタッチメント 1箇所 50,000円
OPAアタッチメント 1箇所 70,000円
クーゲルホックアタッチメント 1箇所 40,000円

※料金には別途消費税がかかります。


▶義歯・入れ歯の詳細はこちら

インプラントの費用・料金

インプラント 埋入 250,000円~
上部構造 100,000円~

※別途CT撮影費がかかります。
※設計等により料金が異なります。
※料金には別途消費税がかかります。


▶インプラントの詳細はこちら

CT撮影の費用・料金

CT撮影(8×8.5Cm) 10,000円

※料金には別途消費税がかかります。


歯科矯正(小児矯正・成人矯正)価格・料金表

矯正相談料 無料
検査料 35,000円
診断料 5,000円
≪成人矯正治療費≫金属ブラケット 600,000円(チェック料込)
≪成人矯正治療費≫セラミックブラケット 700,000円(チェック料込)
≪小児矯正治療費≫金属ブラケット 250,000円(チェック料込)
≪小児矯正治療費≫セラミックブラケット 300,000円(チェック料込)
乳歯オーバーレイ 60,000円
保隙装置等 15,000円
部分矯正 100,000円~
※症状により異なる
保定装置 10,000円
歯胚抜歯 15,000円
便宜抜歯(親知らず以外) 5,000円

※親知らずに関してはご相談ください。
※保隙装置等・保定期間中はチェック料 3,000円かかります。
※料金には別途消費税がかかります。


▶歯科矯正(小児矯正・成人矯正)の詳細はこちら

健康診査などの価格・料金表

妊婦健診 無料
歯科口腔健康診査 400円
高齢者機能健診 500円


自費治療の取扱いについて


保証期間

当院では、自費治療に対し保証を行っております。保証期間中における通常使用で、破損や不適合が生じた場合、この保証書により、装着した日より1年未満は無料、2年~3年未満20%、3年~4年未満40%、4年~5年未満80%(リスク配分型保証)のご負担にて行います。(ノンクラスプデンチャーを除く) ただし、3~6か月に一度のリコールメンテナンスに通院された場合のみ有効となります。正しい自己管理(プラークコントロール)を怠った場合や事故、不適切な生活、使用状況の場合は、保証することはできません。 ノンクラスプデンチャーについては、1年未満は無料にて、2年~3年未満40%、3年~4年未満80%のご負担にて行います。

次のような場合、保証期間中であっても修理・再装着・再製作は、一部または全額有料となりますのでご注意ください。

  • 患者さんの重大な不注意や不慮の事故など明らかに当院の責任でない場合。
  • 診療時に全く予期し得ない口腔状態の変化による場合。
  • 当院の指示に従わない状態での使用による場合。
  • 定期検診を受けていただけなかった場合。
  • 当院以外で治療した根・土台のトラブルによる場合。


医療費控除

インプラント治療などの高額な自費診療も、すべて医療費控除の対象となります。
自分自身や家族のために支払った1年間の医療費の総額が10万円を超えた場合、確定申告をすれば、所得控除(税金の還付)を受けることができます。

また平成29年度から、領収書は提出が不要となり、「医療費控除の明細書」の提出と、「医療費通知」により確定申告の手続きが簡単になりました。(ただし、領収書は5年保管が必要)

医療費控除額(上限200万円) 
= 1年間の医療費 - 保険金等の収入 - 10万円(もしくは所得の5%)

※詳しくは、管轄の税務署や国税庁でご確認下さい。

▶国税庁HP:医療費を支払ったとき(医療費控除)
▶国税庁HP:医療費控除の提出書類が簡略されました


  • このエントリーをはてなブックマークに追加